手話奉仕員養成講座レポ

だいたい、手話始めた人というのは、だいたーいまずこれに通うんではないでしょうか。

「手話入門講座」

正式名称「手話奉仕員養成講座」

これは何かといいますと、

厚生労働省の「意思疎通支援」事業に沿って、市町村が手話奉仕員養成講座を定期的に開きますよ~てことで開かれる講座のことです。

見たい人いないと思うけど、詳しくは「厚生労働省のホームページ」に載っています。

都会と田舎では、まーこれでもか!って地域差はありますが、普通2時間×20数回で1セット。入門講座(1セット・約半年)、基礎講座(1セット約半年)合せると、1年くらい講座受講することになります。

まーこれでもか!って地域差ってなにかというと、

うちの町の隣の隣の隣らへんにある政令指定都市では「手話奉仕員養成講座」受講料がなんと一万円だったりする。いちまんえん。いちまんえんって。
うちの町はもちろん受講料タダ。どいうかほとんどの町はタダです。

都会ではもう20名集まって定員になったので募集締め切りましたー!とかよくある。うちの町は講座自体が中止になることもあるくらい受講生が集まらない。同じ講座内容なら少人数の方が当然中身は濃くなる。

ていうような地域差です。

だいたいどこも5月6月始まりのとこが多い模様。ちょうど今くらいですね。

私も一応受けましたので(2012年、2013年)は、その時のレポ、前のブログから引っ張ってきて、改めてまとめてみました。

今の講座とは内容がちょっと違うかと思いますが、初々しい感じは全受講生共通じゃないかな。

入門講座

基礎講座

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする