たまご、ろうLGBT分科会に参加する。

2014年5月4日放送の NHK Eテレ「ろうを生きる難聴を生きる」で

多様な“性”への理解を -ろうLGBTサポートブック-

という特集をしていました。

ろうLGBT関連動画はこちら

興味がわいて「ろうLGBT」当事者の講演を聞きに行きました。

そこで教えてもらったのが、↓こちらの大会。

ホームページはこちら

セクシュアルマイノリティと医療・福祉・教育を考える全国大会に、ろうLGBT分科会が入っています。

ろうLGBT当事者団体の働きかけで、この大会すべての分科会に手話通訳がついていました。

聞こえる人の中にセクシュアルマイノリティがいるように、ろう者の中にも当事者がたくさんいるんだということに、この時初めて気がつきました。

ろうLGBT分科会にはグループワークがあって、そこで一番印象的だった話題が

「聴覚障害施設にいるろう相談員に、自分の性的指向を相談できるか」

という質問。

そのグループはろう当事者が15人くらいましたが、「できる」と答えたろう者は0でした。

相談する場所はたぶんあるんだろうと漠然と考えていたので、今でもよく覚えている場面です。

コメントの入力は終了しました。